京都のAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)のアンプ買取

京都TOP楽器買取センター
京都TOP楽器買取センター

京都でAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)の買取なら楽器京都TOP楽器買取センター

楽器京都TOP楽器買取センターはAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)をはじめ、様々な楽器の買取をしています。
店頭買取や出張買取でAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)を早く高く売却できる楽器買取業者になります。また、駐車場も完備しておりますので、車でのアクセスも可能です。
楽器の買取店は多いですが、京都(関西)でAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)を売却するなら買取価格含め、間違いなくオススメの業者になります。確かな知識や経験を持つ当社のスタッフがあなたのAshdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)をしっかりと査定します。

店名
京都TOP楽器買取センター
住所
〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店)
電話番号
0120-480-150
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日・お盆・年末年始
最寄駅
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
駐車場

Ashdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)のアンプ買取

Ashdown Engineering(アシュダウン・エンジニアリング)のアンプを高価買取しております。 レギュラーモデルだけではなく旧モデルのAshdown Engineeringのアンプ高価買取をいたします

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル:0120-480-150

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

Ashdown Engineering の買取価格例

Ashdown Engineering 型番 中古美品
参考買取価格
アンプ 220 TOURING 112 COMBO 8,300円
330 HEAD 7,300円
427 SMALL BLOCK Classic All Valve Series 40,800円
550 Touring 1×15 Combo 20,800円
ABM-300 EVO II 9,800円
ABM-414H 8,800円
ABM-900 EVO-III HEAD 18,800円
AL-AD600 14,800円
AL-MK500 Combo 20,800円
BTA-200 Head 20,800円
BTA-300 HEAD 30,800円
DP200 DROPHEAD 15H 40,800円
EB15-180 EVO II Combo 8,800円
JJ-500 20,800円
LB30 DROPHEAD 15H COMBO 32,800円
MAG-250H 10,800円
MiBASS 550 11,800円
MiBass Series Mi 110 17,800円
USA 115 Cabinet 11,800円
VS-412-600 CABI 9,700円

こんなお客様からの買取をお待ちしております。

楽器買取:お客様の声

VS-112-125 CABIの買取

滋賀市在住 男性 N様

当初は心配でした。が、何度かのやり取りで感じた誠実な対応に、売ろうと思っていなかったものまで依頼してしまいました。しかも、その場で現金支払いなので思わぬ収入に! 是非、またお願いしたいです。 大型の楽器や店頭持ち込みが困難なものでも出張で買取に来ていただけるのでTOPさんがあると非常に助かります。

京都 楽器買取 フリーダイヤル

楽器の高額買取のポイントについて解説

お客様が大切にご愛用なさったAshdown Engineeringのアンプ。せっかく売却するならできる限り高額で売却したいのではないでしょうか。 京都TOP楽器買取センターがAshdown Engineeringのアンプ高額買取のポイントをご紹介します。

Ashdown Engineeringのアンプを中古でお買い求めのお客様もやはりできる限り綺麗な状態、使用期間の少ないものをお探しになられます。 正常な動作や音出しができることはもちろんですが、ボディの傷なども中古買取の際のランクづけに影響するので、できる限り綺麗な状態で売却することを心掛けましょう。 一般的に買取店で買い取った商品は未使用品であっても中古品として販売されます。しかし、外箱などがある商品の場合、箱から未開封のものですと未開封の新古品として販売できるため買取り価格も大幅にあがります。 また製造年によっても買取価格は変わります。ヴィンテージモデルはもちろんのことレギュラーモデルの商品も製造年数により多少の買取価格に差はございます。 レギュラーモデルは年数が経つにつれ買取価格はもちろん下がりますので、使わなくなったら買取価格が下がる前に早めに売却してしまうことが大切です。

Ashdown Engineeringのアンプを売却の際、やはり見た目は綺麗さは重要です。 長年ご愛用した商品はどんなに丁寧に使用していても少なからず汚れやホコリがあります。 売却する際には綺麗に掃除することをオススメします。 ホコリはブラシで取り除いたり、手垢やヤニなどの汚れは専用のクリーナーで掃除してから売却していただくことで、見た目の印象も良くなり、また販売する際の清掃作業が短縮でき、当店も買取価格に還元することができます。

付属品は、商品状態や需要、市場価値と同じくらい重要な査定ポイントになってきます。 取り扱い説明書や専用パーツ、アダプター類、専用ケース、外箱などは捨ててしまわずに必ず一緒にお持ち込みください。 これらの付属品の有無により買取価格が大きく変わってきます。 また比較的新しい商品を売却の際は保証書の保証期間内であれば、そちらも買取価格に影響します。 ジャンク商品の場合、故障や外れてしまっているパーツも修理の際に使用することもございますので、捨ててしまわずに一緒にお持ち込みください。 付属品は、多く揃っているほど買い取り価格がアップします。

売却の際はAshdown Engineeringのアンプ以外にも複数をまとめて買い取りに出していただきますと買い取り価格をアップすることが出来ます ひとつずつ売却されるよりずっとお得になりますので、売りたいと思った楽器があれば、他にも一緒に売れる楽器がないか探してみましょう。 また当店では壊れてしまった楽器も買取しています。壊れてしまっているから大した値段にならないだろうと諦める前に、売りたい楽器がある際は一緒にお持ち込みください。 ジャンク品の中でも動作不良の具合によって買取価格が大きく変わってきますので、思わぬ高額査定がつくこともございます。 何度もご利用になられるより1回で売却されたほうが手間も省けますし、買い取り価格もアップできるので断然お得です。

先程のポイントと似ていますが、楽譜や消耗品も一緒に持ち込みいただくことをオススメします。 当店では楽器、音楽機材に関するものはなんでもお買取しております。 楽譜や教則本などは個別で高額の買取価格がつくものもありますし、単品ではお値段のつかないシールドやアダプターなどのコード類や弦、スティックなどの消耗品なども一緒にお持ち込みいただければ、最終査定に多少のプラスをすることができます。 使わないものがあれば是非一緒にお持ちください。

以上のポイントをしっかりとおさえていただければ、高額買取が期待できます。 Ashdown Engineeringのアンプ買取、査定に関するご相談、お見積もりは是非京都TOP楽器買取センターにお任せください!!

Ashdown Engineering(アシュダウン)について

アシュダウン・エンジニアリングはイギリスのアンプ (楽器用)製造会社になります。 ベースを中心に、最近はギターアンプ市場にも参入しており人気も高いです。

「Ashdown Engineering」の高価買取メーカーや商品

Ashdown Engineeringa(アシュダウンエンジニアリング)とは、1997年に創業したイギリスの楽器用アンプのメーカーです。大手メーカーでアンプの設計を行っていた技師が独立して作った会社で、スタート当初から多くの賞賛を浴び、その後は20年以上数多くのベーシストに愛用されるようなアンプを作り続けています。
最近ではギターアンプの製造も始めており、こちらもすでに人気の製品になっており、中古市場でも高額で取引されています。

「Ashdown Engineering」の高価買取の商品について詳しく

Ashdown のメインの製品はベースアンプであり、当初から意欲的な製品を作っていたので、どの製品もある程度の価格で取引されるようになっています。
メーカーの目標が、高品質の製品を一般の人も手が届くような価格でていきょうすることなので、ビンテージのような価格になることはありません。

「Ashdown Engineering」の買取の査定例

Ashdown Engineeringのベースアンプに関しては、前述のようにメーカーの姿勢が高額の製品を売ることではないので、販売価格自体がほかのメーカーのように高くはなく、どれもがそれなりの価格で取引されています。

「Ashdown Engineering 22-HEAD Shavo Signature Model」

System of a DownのSHAVOノシグネチャーモデルで、その圧倒的な外観と鋭い音のインパクトは、多くのプレーヤーの人気を博しており、中古市場ではかなりの価格で取引されています。

「Ashdown Engineering ABM-600RC-EVO」

20年にも渡り世界中のベースプレイヤーから熱い支持を得ているベースアンプです、UVメーターと9バンドEQを搭載したモデルで、見た目の良さもあ

「Ashdown Engineering HOD-600 Geezer Bulter Signature Model」

Geezer Butlerの要望に基づいて設計されたモデルです。ABMフラグシップモデルに基づいて設計、試行錯誤してテストされたサウンドトーンは圧倒的です。

よくあるご質問

よくあるご質問
Q. アシュダウン・エンジニアリングのベースアンプの査定をお願いします。品番はRM-C210T-500-EVOです。譲り物なので、使い方も分かりません。
A. 1997年に創業した、英国のアンプメーカーさんです。最初に製造したのがベースアンプなので、こちらの作品も熱のこもったお品物。音楽好きのスタッフが適正のお値段をお付けします。
Q. 大好きなAshdown Engineeringのヘッドアンプ、買い替えのため手放します。INPUT LEVELの針がうまく揺れないのですが、買取してもらえますか?品番は「EVOIII500」です。
A. ありがとうございます。アシュダウン・エンジニアリングのベーシックなアンプです。当店では修理も承っておりますので、針に関しては査定時に確認いたします。お気軽にご来店ください。
Q. アシュダウン・エンジニアリングのStudio-10を売却したいです。ただ接続端子の調子が悪く、たまに通電しないことも。買取は難しいでしょうか。
A. サングラスの絵が書かれた、おしゃれなアンプです。電源が少しでも入る場合は、基盤をいじれば回復する場合も。査定時に修理できるかお調べいたしますので、当店にお任せください。
Q. Ashdown EngineeringのBTA300が不要になったので、売りたいです。モーターの上に焦げた跡がありますが、買取してもらえますか。
A. ありがとうございます。不良品でないアンプでしたら、査定させていただきます。重たいお品物だと思いますので、お気をつけてお運びください。京都市内でしたら、出張買取もいたします。
Q. アシュダウン・エンジニアリングの縦型アンプをお願いします。品番はABM215で、車体の底にキャスターが付いています。右の車輪が壊れていますが、買取可でしょうか?
A. キレのいい音を出してくれる、人気のAshdown Engineering製のアンプです。車輪の修理は、当店で対応できることも。アンプ本体に問題がなければ、お気軽にお持ちください。
Q. 使用感のある、Ashdown EngineeringのABM-600-EVO IV番を見てもらいたいです。友人に数回貸したので、汚れが目立ちます。買取してもらえますか。
A. こちらのベースアンプも、人気のお品物です。汚れに関してはあまりお気になさらず、お願いいたします。

京都の出張買取対応地域

定番のエレキギターやベース、ドラムセットはもちろんのこと!フルートやクラリネットの小さな楽器、コントラバスやハープなどの大きな楽器まで!お電話一本ですぐに出張買取に駆けつけます!! 出張買取対応地域: 京都府全域 京都市 (北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区) 宇治市(明星町、黄檗台(羽戸山)、平尾台、御蔵山など)/京田辺市(精華町方面まで)/城陽市/長岡京市(長岡天神、大山崎)/向日市/八幡市(久御山など)/亀岡市 南丹市/宮津市/京丹後市/木津川市/乙訓郡/久世郡/綴喜郡 相楽郡/船井郡/与謝郡 京都府全域はもちろんのこと、関西圏エリア(滋賀、大阪、奈良、兵庫など)での買い取りは京都TOP中古楽器買取センターにお任せください!迅速に無料出張に伺います! 楽器本体以外にも周辺機材、備品、消耗品、ハードケースなどもお買取できますので、是非一緒に査定の際にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-480-150
フリーダイヤル:0120-480-150