京都のベースアンプの買取

京都楽器買取専門店TOP

京都でベースアンプの買取なら楽器買取専門店TOP

楽器買取専門店TOPはベースアンプをはじめ、様々な楽器の買取をしています。

店頭買取や出張買取でベースアンプを早く高く売却できる楽器買取業者になります。また、駐車場も完備しておりますので、車でのアクセスも可能です。

楽器の買取店は多いですが、京都(関西)でベースアンプを売却するなら買取価格含め、間違いなくオススメの業者になります。確かな知識や経験を持つ当社のスタッフがあなたのベースアンプをしっかりと査定します。

店名
買取専門店TOP
住所
〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店)
電話番号
0120-480-150
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日・お盆・年末年始
最寄駅
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
駐車場

ベースアンプ買取

アンプは音を増幅して大きくしてくれる機器の事を指し、ベースアンプは当然ベースの音源を増幅してくれるアンプになります。
比較的良く見るのはコンサートやライブといった会場で、舞台の上に置かれている四角いもののことです。スピーカーの上などに良く置かれています。
アンプで増幅した音を大規模なスピーカーで鳴らす、といった形式をとっているんですね。
役割によってパワーアンプであったりプリアンプであったりと細かい形態の違いはありますが、ベースをやるにおいてエレキベースなどは必須となってくる機材になります。
ないとお話にならない場合もあるので、需要は特に高い傾向。高い査定も期待できるベースアンプを当店で査定してみましょう。

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル:0120-480-150

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

ベースアンプ の買取価格例

ベースアンプ 型番 中古美品
参考買取価格
FENDER USA DELUXE 90 DSP 12,800円
Deluxe VM 15,200円
DT-412 CABINET 7,200円
FUCHS 1×12 Closedback with Eminence 9,300円
1×12 Convertibleback with Eminence 9,800円
1×12 Openback with Eminence 8,300円
HUGHES&KETTNER BASSKICK BK100 12,000円
BASSKICK BK200 14,400円
CC-212 9,600円
JET CITY JCA5012C 12,000円
JCA-50H HEAD 12,000円
JCA-5212RC 13,600円
KOCH JUPITER 20,800円
KCC212 HB-FL 23,800円
LB-120 II 14,800円
KRANK AMPS Rev JR (half Stack)Head+Cabinet 34,800円
Revolution-1 100W Combo 35,800円
Revolution-1 Plus Cabinet 34,800円

こんなお客様からの買取をお待ちしております。

楽器買取:お客様の声

59BASSMAN の買取

大阪市在住 男性 O様

最近お金に困っている状態が続いており、売ってお金にかえたいものがたくさんありました。ただ売りたいものがたくさんありすぎて、お店まで持って行くのがとても面倒なので二の足を踏んでいる状態でした。
ふとインターネットで検索して出てきたこちらのお店へ出張買取をお願いしてみました。今回は試しにアンプをまとめて売ったのですが、こちらの都合のいい日に合わせて来ていただけるので、大変助かりましたね。また利用させて頂きます。ありがとうございました。

京都 楽器買取 フリーダイヤル

楽器の高額買取のポイントについて解説

お客様が大切にご愛用なさったベースアンプ。せっかく売却するならできる限り高額で売却したいのではないでしょうか。
買取専門店TOPがベースアンプ高額買取のポイントをご紹介します。


ベースアンプを中古でお買い求めのお客様もやはりできる限り綺麗な状態、使用期間の少ないものをお探しになられます。
正常な動作や音出しができることはもちろんですが、ボディの傷なども中古買取の際のランクづけに影響するので、できる限り綺麗な状態で売却することを心掛けましょう。
一般的に買取店で買い取った商品は未使用品であっても中古品として販売されます。しかし、外箱などがある商品の場合、箱から未開封のものですと未開封の新古品として販売できるため買取り価格も大幅にあがります。
また製造年によっても買取価格は変わります。ヴィンテージモデルはもちろんのことレギュラーモデルの商品も製造年数により多少の買取価格に差はございます。
レギュラーモデルは年数が経つにつれ買取価格はもちろん下がりますので、使わなくなったら買取価格が下がる前に早めに売却してしまうことが大切です。


ベースアンプを売却の際、やはり見た目は綺麗さは重要です。
長年ご愛用した商品はどんなに丁寧に使用していても少なからず汚れやホコリがあります。
売却する際には綺麗に掃除することをオススメします。
ホコリはブラシで取り除いたり、手垢やヤニなどの汚れは専用のクリーナーで掃除してから売却していただくことで、見た目の印象も良くなり、また販売する際の清掃作業が短縮でき、当店も買取価格に還元することができます。


付属品は、商品状態や需要、市場価値と同じくらい重要な査定ポイントになってきます。
取り扱い説明書や専用パーツ、アダプター類、専用ケース、外箱などは捨ててしまわずに必ず一緒にお持ち込みください。
これらの付属品の有無により買取価格が大きく変わってきます。
また比較的新しい商品を売却の際は保証書の保証期間内であれば、そちらも買取価格に影響します。
ジャンク商品の場合、故障や外れてしまっているパーツも修理の際に使用することもございますので、捨ててしまわずに一緒にお持ち込みください。
付属品は、多く揃っているほど買い取り価格がアップします。


売却の際はベースアンプ以外にも複数をまとめて買い取りに出していただきますと買い取り価格をアップすることが出来ます
ひとつずつ売却されるよりずっとお得になりますので、売りたいと思った楽器があれば、他にも一緒に売れる楽器がないか探してみましょう。
また当店では壊れてしまった楽器も買取しています。壊れてしまっているから大した値段にならないだろうと諦める前に、売りたい楽器がある際は一緒にお持ち込みください。
ジャンク品の中でも動作不良の具合によって買取価格が大きく変わってきますので、思わぬ高額査定がつくこともございます。
何度もご利用になられるより1回で売却されたほうが手間も省けますし、買い取り価格もアップできるので断然お得です。


先程のポイントと似ていますが、楽譜や消耗品も一緒に持ち込みいただくことをオススメします。
当店では楽器、音楽機材に関するものはなんでもお買取しております。
楽譜や教則本などは個別で高額の買取価格がつくものもありますし、単品ではお値段のつかないシールドやアダプターなどのコード類や弦、スティックなどの消耗品なども一緒にお持ち込みいただければ、最終査定に多少のプラスをすることができます。
使わないものがあれば是非一緒にお持ちください。

以上のポイントをしっかりとおさえていただければ、高額買取が期待できます。
ベースアンプ買取、査定に関するご相談、お見積もりは是非買取専門店TOPにお任せください!!

ベースアンプについて

ベースアンプはエレキベースなどをつないで演奏をするためのアンプです。
低音域の再現性に優れているベースアンプの買取ならお任せ下さい。

「ベースアンプ」の高価買取メーカーや商品

ベースアンプとは、エレクトリックベースを接続して、ピックアップで拾った音を増幅してスピーカーから出す電気的な機器のことを言います。ベースアンプがギターアンプと根本的に違うのは、扱う音がかなり低いということで、それはプリアンプ、パワーアンプ、スピーカーのすべてに影響します。

ベースアンプを生産しているメーカーの中で特に高価買取が期待できるのは、まずは、ベースアンプをメインに作っているAmpeg、Hartke、あとはギターアンプも作っているFender、Accosticなどがあります。

モデルとしてはやはりビンテージ物や、高機能のモデルということになるでしょう。

「ベースアンプ」の高価買取の商品について詳しく

ベースアンプといえば、やはりギターアンプと同様に、ビンテージの時代の物と、最新のテクノロジーを注ぎ込んだものが高額買取されています。特にベースアンプの場合には、ベースに特化した機能の魅力がどのくらいあるかが一つの要因になるでしょう。

「ベースアンプ」の買取の査定例

ベースアンプの買取は、基本的にはメーカー、モデル、生産時期、現在の状態によって決まりますが、基本的には人気のあるものが高額になっています。

ここではベースアンプのなかでも高額の買取額が期待できる特徴的なものをいくつかご紹介します。

「Ampeg ベースアンプヘッド Heritage series 50th Anniversary SVT」

Ampegの50周年記念で作られたベースアンプで、1969年のSVTという革命的な名器の回路をヘッドアンプに搭載したもので、当然プロのミュージシャンたちの評判も良く、かなりの高額で取引されています。

「SHINOS&L City Bass Head&Speaker」

SHINOSは最高の音を追求するために作られたメーカーで、創業とともに様々な技術をつぎ込んだモデルを作り続けています。

City Bassは、元VOXのチーフエンジニアとともに作り上げられたもので、かなりの人気のモデルになっています。

「Fender Bassman Piggyback 1965」

64年後半から登場するブラック フェイス 期のフェンダー・ベースマンであり、ビンテージの中でも最も好まれている時期のモデルで、どのような状態であってもかなりの高額査定を得ることができています。

よくあるご質問

よくあるご質問

Q. Louisのベースアンプを買取して欲しいです。ケーブルを失くしてしまい、電源が入らないのですが買取してもらえますか?
A. ありがとうございます。専門のケーブルがないと動作確認ができないものは、残念ながら買取を見合わせております。ケーブルが見つかった段階で、再度ご連絡いただけましたら幸いです。
Q. AKIMA&NEOSというメーカーの「Wild Bass 100」を見てもらいたいです。四隅に留めてある金属が錆びていますが、電源は普通に入ります。
A. 秋間さんという有名なギタリストの方が、自らの経験をもとに作り上げた自信作です。真空管の良さを生かした、絶妙なアンプになっています。動作に問題なければ買取いたしますので、お願いします。
Q. ampegのベースアンプの買取を希望しています。B-15Nという商品です。もともと下に滑車が付いていたのですが、気に入らなくて自分で取っています。外したパーツは組み立てて、査定に出した方がいいですか。
A. ありがとうございます。1960年代に作られた、ビンテージ系のアンプです。外したキャスターはご面倒でなければ、また元の場所に付けていただけると大変助かります。お願いいたします。
Q. Dr.Zの真空管式のベースアンプを持っています。暗所に置いておいたのですが、害虫のたまごがあったので殺虫剤をまいてあります。少々臭いますが、買取してもらえますか。
A. 個性派ブランドのアンプです。殺虫剤の臭いは風通しの良いところに数日出していただけると、緩和することも。匂いが軽減している方が査定額が上がりますのでお願いたします。
Q. ローランドのベースアンプを売りに出したいです。CUBE30BASSというタイプになります。自分で掃除しましたが、目地のあたりに落としきれない汚れがあります。
A. Rolandのアンプも品質の良さは、群を抜いております。また査定前にお掃除をしていただき、ありがとうございます。落としきれない分はそのままで結構ですので、お気軽にご来店ください。

京都の出張買取対応地域

定番のエレキギターやベース、ドラムセットはもちろんのこと!フルートやクラリネットの小さな楽器、コントラバスやハープなどの大きな楽器まで!お電話一本ですぐに出張買取に駆けつけます!!

出張買取対応地域:
京都府全域
京都市 (北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区)
宇治市(明星町、黄檗台(羽戸山)、平尾台、御蔵山など)/京田辺市(精華町方面まで)/城陽市/長岡京市(長岡天神、大山崎)/向日市/八幡市(久御山など)/亀岡市
南丹市/宮津市/京丹後市/木津川市/乙訓郡/久世郡/綴喜郡
相楽郡/船井郡/与謝郡

京都府全域はもちろんのこと、関西圏エリア(滋賀、大阪、奈良、兵庫など)での買い取りは京都TOP中古楽器買取センターにお任せください!迅速に無料出張に伺います!
楽器本体以外にも周辺機材、備品、消耗品、ハードケースなどもお買取できますので、是非一緒に査定の際にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-480-150