京都の琴の買取

京都楽器買取専門店TOP

京都で琴の買取なら楽器買取専門店TOP

楽器買取専門店TOPはをはじめ、様々な楽器の買取をしています。
店頭買取や出張買取で琴を早く高く売却できる楽器買取業者になります。また、駐車場も完備しておりますので、車でのアクセスも可能です。
楽器の買取店は多いですが、京都(関西)で琴を売却するなら買取価格含め、間違いなくオススメの業者になります。確かな知識や経験を持つ当社のスタッフがあなたのをしっかりと査定します。

店名
買取専門店TOP
住所
〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店)
電話番号
0120-480-150
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日・お盆・年末年始
最寄駅
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
駐車場

琴買取

名称は比較的知られている琴。

これは十三個の絃が張られた約1.9m前後の楽器で、指にはめる爪形の「琴爪」を用いて演奏します。
山田型と生田型といった流派があり、使用される材料(花梨材・紫檀材・紅木材)によって価格が大きく変わってくるジャンルです。

一般にはなかなか価値を見抜くことが難しいとされているため、間違ってもリサイクルショップは通常の一般買取店に持って行ってはいけません。
楽器買取専門店だからこそ真贋が見抜ける琴をTOPで査定してみませんか?お電話お待ちしております。

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル:0120-480-150

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

琴について

琴は日本の伝統楽器です。

その歴史は古く、琴の原型となるものは3世紀ごろの日本にすでに存在していました。
当時のものは権力者の象徴として、神聖な道具として祭りなどで使われていました。

その後奈良時代に中国から似たような楽器が伝来し、その二つを組み合わせたものが現在の琴となります。

琴といっても様々な種類があり、金属の弦を使用し、アンプを通して音を増幅される、エレキギターのような電気大正琴というものもあります。

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル:0120-480-150

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

琴 の買取価格例

型番 中古美品
参考買取価格
玉縁くり甲 綾杉彫 正水銘山水蒔絵竜舌 十三弦 154,200円
彫金本蒔絵在銘 十三弦琴 子持綾杉彫 150,600円
山田流琴 くり甲 綾杉彫り 玉縁包み柏葉 竜舌 蒔絵 88,200円
彫金本蒔絵螺鈿細工 正水在銘 十三弦琴 156,000円
金蒔絵本鼈甲弁財天龍図細工松鶴図琴 60,000円

こんなお客様からの買取をお待ちしております。

楽器買取:お客様の声

牧本謹製 紅木玉縁 繰甲 子持ち綾杉彫り 梨地口前 和琴の買取

滋賀市在住 男性 A様

頂き物の琴が一度も箱を開けることもないまま貰ったまま置きっ放しになっていました。
ある日、近所の楽器買取店のチラシが入っていたのがきっかけでご連絡することに。
事前にLINEで価格を問合せできるというのがとても良かったですね。
気軽に利用できて良いです。今後また何かありましたらお世話になりたいと思います。

楽器の高額買取のポイントについて解説

お客様が大切にご愛用なさった琴。せっかく売却するならできる限り高額で売却したいのではないでしょうか。
買取専門店TOPが琴高額買取のポイントをご紹介します。


琴を中古でお買い求めのお客様もやはりできる限り綺麗な状態、使用期間の少ないものをお探しになられます。
正常な動作や音出しができることはもちろんですが、ボディの傷なども中古買取の際のランクづけに影響するので、できる限り綺麗な状態で売却することを心掛けましょう。
一般的に買取店で買い取った商品は未使用品であっても中古品として販売されます。しかし、外箱などがある商品の場合、箱から未開封のものですと未開封の新古品として販売できるため買取り価格も大幅にあがります。
また製造年によっても買取価格は変わります。ヴィンテージモデルはもちろんのことレギュラーモデルの商品も製造年数により多少の買取価格に差はございます。
レギュラーモデルは年数が経つにつれ買取価格はもちろん下がりますので、使わなくなったら買取価格が下がる前に早めに売却してしまうことが大切です。


琴を売却の際、やはり見た目は綺麗さは重要です。
長年ご愛用した商品はどんなに丁寧に使用していても少なからず汚れやホコリがあります。
売却する際には綺麗に掃除することをオススメします。
ホコリはブラシで取り除いたり、手垢やヤニなどの汚れは専用のクリーナーで掃除してから売却していただくことで、見た目の印象も良くなり、また販売する際の清掃作業が短縮でき、当店も買取価格に還元することができます。


付属品は、商品状態や需要、市場価値と同じくらい重要な査定ポイントになってきます。
取り扱い説明書や専用パーツ、アダプター類、専用ケース、外箱などは捨ててしまわずに必ず一緒にお持ち込みください。
これらの付属品の有無により買取価格が大きく変わってきます。
また比較的新しい商品を売却の際は保証書の保証期間内であれば、そちらも買取価格に影響します。
ジャンク商品の場合、故障や外れてしまっているパーツも修理の際に使用することもございますので、捨ててしまわずに一緒にお持ち込みください。
付属品は、多く揃っているほど買い取り価格がアップします。


売却の際は琴以外にも複数をまとめて買い取りに出していただきますと買い取り価格をアップすることが出来ます
ひとつずつ売却されるよりずっとお得になりますので、売りたいと思った楽器があれば、他にも一緒に売れる楽器がないか探してみましょう。
また当店では壊れてしまった楽器も買取しています。壊れてしまっているから大した値段にならないだろうと諦める前に、売りたい楽器がある際は一緒にお持ち込みください。
ジャンク品の中でも動作不良の具合によって買取価格が大きく変わってきますので、思わぬ高額査定がつくこともございます。
何度もご利用になられるより1回で売却されたほうが手間も省けますし、買い取り価格もアップできるので断然お得です。


先程のポイントと似ていますが、楽譜や消耗品も一緒に持ち込みいただくことをオススメします。
当店では楽器、音楽機材に関するものはなんでもお買取しております。
楽譜や教則本などは個別で高額の買取価格がつくものもありますし、単品ではお値段のつかないシールドやアダプターなどのコード類や弦、スティックなどの消耗品なども一緒にお持ち込みいただければ、最終査定に多少のプラスをすることができます。
使わないものがあれば是非一緒にお持ちください。

以上のポイントをしっかりとおさえていただければ、高額買取が期待できます。
琴買取、査定に関するご相談、お見積もりは是非買取専門店TOPにお任せください!!

琴について

現在日本で広く知られている形の箏は、13本の弦を持ち、奈良時代に唐より伝わり奈良および平安時代に雅楽の中で用いられました。

「琴」の高価買取メーカーや商品

琴とは、日本の伝統的な和楽器で、大型の弦楽器のひとつです。元々は、「琴」と「箏」は全く違う楽器であり、区別されていましたが、「箏」の字が常用漢字になかったため「琴」で代用することになり、結局今では本来の「琴」を見ることがなくなったため、「箏」が「琴」と呼ばれるようになっています。
琴とは、一般的には、桐の木のくり抜いた箱状の構造のボディに十三本の絃を張ったもので、それを爪で弾くことによって音を出します。絃とボディの間には音程を決めるための柱が立てられています。生田流と山田流の2つの流派があり、それぞれ演奏の仕方が違います。

「琴」の高価買取の商品について詳しく

琴の高価買取商品ですが、他の和楽器と同じように、琴も製管師と呼ばれる地方の個人製作者や中小の工房のようなところへのオーダーメイドで作られることが多くなっています。
そのために、メーカーやモデルで査定されることはなく、材質、仕上げなどによって価格が決められています

「琴」の買取の査定例

琴の買取額は、基本的には生産場所、生産時期、状態によって決まりますが、高級な材質や仕上げのものが高額になっています。
ここでは、琴の中でも高額買取が期待できるものをいくつかご紹介します。

「玉目杢・高級くり甲琴」

紅木材の甲と裏板に継ぎ目がない作りのくり甲の琴です。使用されている木材は、玉目杢と呼ばれている玉が浮かび上がってきているような木目が出ており、最高級の材料と言われています。

「玉縁・くり甲琴」

同様に、甲と裏板に継ぎ目がない作りのくり甲の琴です。玉縁と呼ばれている竜頭にある四分六板や柏葉という部分に縁取りを施した装飾法が施されており、これは高級な琴の証明になっています。

「玉縁象牙巻・くり甲琴」

同様に、甲と裏板に継ぎ目がない作りのくり甲の琴です。玉縁の部分の周りに象牙を使用した最も高級な仕様のものです。

よくあるご質問

よくあるご質問

Q. コレクションしていた和楽器の一部を売りに出したいと思います。琴に関してはどのようなものでも取り扱っていますか?
A. はい。琴は、日本固有の民族楽器として多くの人に使用され、人気も高いため、13弦、17弦などや工房に関係なく、大正琴や古いものまで含めてどのようなものでも買取しております。
Q. 琴用のソフトケースがあります。最近買ったものでほとんど使っていません。買い取っていただけますか?
A. はい。楽器用のアクセサリー類も基本的にはなんでも買取しておりますので、是非当店までお持ちください。
Q. 菊岡太助の銘が入った琴ですが、細工が入っている非常に美しいものです。ほとんど使っていません。どのくらいで買取できますか?
A. おそらく、有名な作のものだと思われますので、かなりの高額査定が期待できます。是非査定をご用命ください。
Q. 琴などの和楽器がたくさんあります。まとめて買取していただけますか?
A. はい。お売りいただけるものが多い場合には、出張買取がおすすめです。和楽器に限らずどんなものでも取り扱っておりますので、まずは、当店までご相談ください。
Q. 10数年前に購入した琴です。かなりの金額で購入したのですが、使用に際して打こんや傷などがたくさんあります。買取できますか?
A. はい。基本的には楽器として機能していれば問題なく買取できます。是非当店まで詳細をお知らせください。
Q. かなり古い琴がいくつかあります。どういったものなのか詳細は全く分かりませんが、買取可能ですか?
A. はい。どのようなものでも基本的には買取しております。状態や時代などによって査定額は変わってきますので、一度お越しいただければ査定します。
Q. SUZUKI製の電気大正琴があります。木製で軽量なもので弾きやすいものです。買い取っていただけますか?
A. はい。SUZUKIの電気大正琴は有名な商品でマニアも多く、高価買取の可能性もあります。

京都の出張買取対応地域

定番のエレキギターやベース、ドラムセットはもちろんのこと!フルートやクラリネットの小さな楽器、コントラバスやハープなどの大きな楽器まで!お電話一本ですぐに出張買取に駆けつけます!!

出張買取対応地域:
京都府全域
京都市 (北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区)
宇治市(明星町、黄檗台(羽戸山)、平尾台、御蔵山など)/京田辺市(精華町方面まで)/城陽市/長岡京市(長岡天神、大山崎)/向日市/八幡市(久御山など)/亀岡市
南丹市/宮津市/京丹後市/木津川市/乙訓郡/久世郡/綴喜郡
相楽郡/船井郡/与謝郡

京都府全域はもちろんのこと、関西圏エリア(滋賀、大阪、奈良、兵庫など)での買い取りは京都TOP中古楽器買取センターにお任せください!迅速に無料出張に伺います!
楽器本体以外にも周辺機材、備品、消耗品、ハードケースなどもお買取できますので、是非一緒に査定の際にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-480-150

フリーダイヤル:0120-480-150