札幌市内でハーモニカの買取ならTOPKING

管楽器高価買取なら札幌TOPKING楽器買取専門店
管楽器高価買取なら札幌TOPKING楽器買取専門店

札幌市内のハーモニカの買取ならTOPKINGにお任せください。当店では店頭買取や出張買取であなたの不要な楽器の買取します。
綺麗な状態のハーモニカはもちろん、状態の悪いハーモニカなど基本的にはなんでも買取できます。
ハーモニカの買い替えを検討しているかたや遺品や相続で使わなくなったハーモニカをお持ちの方がいましたら是非一度、TOPKINGで査定してみてください。

LINEで簡単見積もり無料

ハーモニカについて

小学校の音楽で、誰もが手にしたことのあるハーモニカ。
両手で持って息を吹きかけると、オルゴールを回したような繊細な音が出ます。
息を強く吹くと音もシャープになり、そっと吹くと優しい音色に変わります。
現代版のハーモニカの元祖になっているのは、1820年代に生まれたもの。
オルガンやピアノの音合わせの道具として、開発されたのが始まりです。
その後ドイツの時計職人の手によって、吹きやすいハーモニカが生まれました。
最近では豊かな響きの複音ハーモニカ、異なる音域を出せるクロマチックハーモニカなど、上級者向けの楽器も出ていて、大人も巻き込んだブームとなっています。

「ハーモニカ」の高価買取メーカーや商品

人気が上がっているブランドは、S.yairi(エスヤイリ)、TOMBO(トンボ)、ドイツ生まれのHOHNER(ホーナー)、アクセサリーブランドのTIFFANY&CO、SUZUKI(スズキ)、SEYDEL (サイドル)、Fender (フェンダー)となっております。
注目品番はTOMBO(トンボ)の1921番、HOHNER(ホーナー)のCHROMONICA 270、Larry Adler 16 7574、7538-C、メジャーF。
TIFFANY&COの925番、SUZUKI(スズキ)のF-48SQ、SDB-39。
SEYDEL (サイドル)のFavorite Standard、1847年製のCLASSIC-C、NOBLE-C。
Fender (フェンダー)のBLUES DELUXEとなっております。

「ハーモニカ」の高価買取の商品について詳しく

凝った作りのハーモニカの価値が上がっております。
例えば舞台で使われるオーケストラハーモニカ、味わい深い音が出せるクロマチックハーモニカ、吹き口が2つあるダブル・バス・ハーモニカは高額買取の対象となっております。
また1800年代の製品もコレクターの方に人気。
そのためヴィンテージ系のハーモニカも、ご満足いただけるお値段をお付けいたします。
また衛生面を気にされるお客さまも多いため、他の楽器に比べて未使用未開封のお品物が、好まれやすくなっております。
プレゼントや景品で頂いたものの、封を開けていないハーモニカがございましたら、ぜひ当店にお持ちください。

楽器の買取価格例

カテゴリ 製品名 中古美品
参考買取価格
ハーモニカ Suzuki Fabulous ファビュラス F-64C 電話:011-598-6949
ハーモニカ HOHNER ホーナー クロマチック・ハーモニカ Meister klasse 7565/56 電話:011-598-6949
ハーモニカ HOHNER Bass-58 965/28/30 電話:011-598-6949
ハーモニカ Seydel Chromatic DX STEEL C 電話:011-598-6949
ハーモニカ TOMBO No.1158 電話:011-598-6949
ハーモニカ サイドル ハーモニカ・クロマチックSaxony 電話:011-598-6949
電話買取

札幌楽器買取屋さんの楽器買取製品一覧

楽器の買取方法

店頭買取
出張買取

即日出張買取地域一覧

札幌市厚別区 札幌市北区 札幌市清田区 札幌市白石区 札幌市中央区 札幌市手稲区 札幌市豊平区 札幌市西区 札幌市東区 札幌市南区 江別市、北広島市、千歳市、旭川市

電話買取

🎙札幌TOPKINGでのハーモニカの買取体験談

 ※スタッフからの意見を元に作成
👤
買取方法の地域や情報: 北海道札幌市/40歳/女性/Lさん
買取に出された商品名: 株式会社トンボのハーモニカアンサンブルNo.1160ほか
🗣

今回お買取の「トンボのハーモニカ」について

トンボは、ハーモニカの製造でとても有名な会社です。様々な種類のハーモニカを製造販売していて、その中にアンサンブルで演奏できるハーモニカがあります。今回お売りいただいたのは、このアンサンブルハーモニカを含め、数種類です。アンサンブルのハーモニカは、中古買取では珍しいので即買取させていただきました。また、ケースやメンテナンス用品も合わせてお売りいただけたので、査定額もアップさせていただきました。

🗣

「トンボのハーモニカ」の入手経緯・買取に出されたきっかけについて

今回「トンボのハーモニカ」を売ることになった経緯についてお聞きしましたところ、ハーモニカのアンサンブルを習っていた教室がなくなるということで、習うことができなくなるのと、演奏を一緒にしていた方も転勤されることになり、一緒に続けられそうになくなったので売ることに決めたとお話されていました。ハーモニカを演奏したくて趣味ではじめて、ハマってアンサンブルのものを購入されたそうです。

🗣

札幌TOPKING楽器買取専門店を選んでいただいた理由について

ハーモニカの買取をしてもらえる買取業者をネットで検索されていて、当社を見つけていただけたとのことでした。他にも数社あったらしく、査定依頼をしていたそうなのですが、一番高値で買取額を提示したのが当社だったとのことで、今回当社に買取依頼を出していただけました。

🗣

札幌TOPKING楽器買取専門店の買取をご利用になられてのご意見とご感想

店頭と出張買取の利用しやすい方を利用できたのが良かったとのことでした。今回は、ハーモニカ数点ありましたので、出張で対応させていただきました。日程調整もスムーズにできて良かったとおっしゃっていただきました。

「ハーモニカ」の買取の査定例

ハーモニカとは、フリーリードを使って音を出す小型の楽器で、メロディーも和音も奏でることができるダイナミックなものです。
メーカーとしては、ハーモニカの代名詞とも言えるホーナーを筆頭に日本のTOMBOやSUZUKIなどがあります。
今回は、そんなハーモニカの中から高額買取されているものをいくつかご紹介します。

「HOHNER リミテッドエディション マリンバンド125」

ハーモニカの代名詞であるホーナーのマリンバンドの125周年を記念して作られたもので、世界限定125本のみ生産されたものです。
希少価値からビンテージよりも高額で取引されています。

「TOMBO ハーモニカ ソプラノパイプホルン 1190R」

日本の楽器メーカのトンボが作った、ソプラノ音域を担当するホルン・ハーモニカです。
本体はローズウッドの木製で、クオリティも高いので高額で取引されています。

「SUZUKI シリウス S-64C」

日本の楽器メーカーの鈴木楽器製作所が作ったもので、シリウスはクロマチックハーモニカの新スタンダードと位置付けられているシリーズです。
ある程度の高額で取引されています。

「TOMBOハーモニカ コントラバス 1140R」

トンボの音部を担当するバスハーモニカで、本体はローズウッドになっています。
使いやすく、人気があるので高額で買取されています。

「HOHNER SUPER 64X クロマチックハーモニカ」

ホーナーを代表するプロフェッショナルモデルの進化形であり、音色と演奏性が大幅にブラッシュアップされています。

「HOHNER TOOTS MELLOW TONE クロマチックハーモニカ」

有名なプレーヤーのトゥーツ・シールマンスの協力のもとに生み出された12ホールのクロマチックハーモニカで、幅広いジャンルの音楽に使用できると人気になっています。
高額査定が期待できます。

札幌TOPKINGの楽器買取ご利用者様の感想

お客様の声
北海道札幌市西区在住 / 30代のお客様
スズキ SCX-48 クロマチックハーモニカ

不安を感じませんでした

部屋の片づけをしたときに見つけたハーモニカを売ることにしました。インターネットで知ったこちらのお店が、家から遠くない場所にあると知り、すぐに店頭買取をお願いしました。初めての買取だったのですが、まるで不安を感じることなく買い取りを終えることができました。お小遣いをもらえて嬉しいと思いながら帰ることができました。


お客様の声
北海道札幌市東区在住 / 40代のお客様
ホーナー クロメッタ14 クロマチックハーモニカ

しっかり対応いただけました

ハーモニカの買い取りを、札幌TOPKINGさんにしてもらいました。ネットでの評判が良かったこと、札幌市内に店舗があることが決め手となりました。想像以上にしっかりとした対応をしていただき、良かったです。店員さんの身だしなみなども整っていて好感が持てました。いい金額を提示していただけたのも嬉しかったですね。


お客様の声
北海道札幌市清田区在住 / 60代のお客様
TOMBO 複音ハーモニカ C調 特製トンボバンド

楽しい時間を過ごせました

演奏することがなくなったハーモニカを持って、市内の札幌TOPKINGさんを訪れました。息子に楽器の買取業者を調べてもらい、このお店を知りましたが店員さんの感じが良く、買取というシビアな場面なのですが、楽しい時間を過ごせました。査定していただいた金額にも満足していますし、その理由を聞けて良かった。

*買取をご利用頂いたお客様との実際のやり取りをスタッフの意見から再現しました。

札幌でのハーモニカ買取についてQ&A

よくある質問
Q. ホーナー製のハーモニカを売却希望です。専用のケースに入っています。あまり吹いたことがないので、カバープレートやマウスピースも綺麗です。
A. ご連絡ありがとうございます。ドイツ生まれのホーナーは、ハーモニカの代名詞といって良いくらい老舗のブランドです。吹き口なども綺麗とのこと、大変助かります。ご満足いただけるお値段が付けられるよう、努めさせていただきます。
Q. スズキのハーモニカを売りたいです。双子の子達に買いましたが、わが子には向かなかったので。2個セットで鑑定してもらいたいです。
A. 手作業で作っている、スズキ製のハーモニカ。密封性が高くて、美しい音が出せると評判です。今回はペアでお見積りに出していただけるとのこと。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Q. イタリア製のクロマチックハーモニカを買取してほしいです。叔父の土産になりますが、吹き方が分からず挫折しました。
A. 上級者向けのハーモニカとして親しまれている、クロマチックハーモニカ。イタリアにはクレモナ等の素晴らしいブランドも。ぜひ拝見させていただきたいので、お手すきの時にご来店ください。
Q. アンティーク風のハーモニカを売りたいと思っています。ただ押し入れの中に長期間入れておいたので、カビ臭い匂いがします。買取は難しいでしょうか。
A. お問い合わせ、ありがとうございます。著しいカビが内部まで生えている時はお断りさせていただくこともありますが、修復できる程度であればお受けしております。その他お売りになりたい楽器等と一緒に、当店までお越しください。
Q. ヨーロッパの蚤の市で買った、ビンテージハーモニカを持っています。吹き口が両サイドにあり、かなり変わったアイテムです。
A. 可愛らしい、両面ハーモニカでしょうか。よろしければブランド等を確認いたしますので、LINE等で詳しい画像を当店までお送りください。価値ある物でしたら、他店よりいいお値段をお付けいたします。