札幌市内でカールヘフナーの買取なら楽器買取専門TOPKING

札幌の楽器高価買取専門店TOPKING
札幌の楽器高価買取専門店TOPKING

札幌市内のカールヘフナーの買取ならTOPKINGにお任せください。当店では店頭買取や出張買取であなたの不要な楽器の買取します。
綺麗な状態のカールヘフナーはもちろん、状態の悪いカールヘフナーなど基本的にはなんでも買取できます。
カールヘフナーの買い替えを検討しているかたや遺品や相続で使わなくなったカールヘフナーをお持ちの方がいましたら是非一度、TOPKINGで査定してみてください。

LINEで簡単見積もり無料

カールヘフナーについて

カールヘフナー(カール・ヘフナー有限合資会社)とは、1887年に創業したドイツの楽器メーカーの一つであり、主にバイオリン、チェロ、コントラバス、エレクトリックギターなどの弦楽器を製造、販売しています。
創業時は小さな弦楽器工房でしたが、1930年代にアコースティックギターの製造を始めたことで生産量が拡大し、ヨーロッパ全土に弦楽器を輸出するような会社になりました。
戦後はビートルズのポールマッカートニーがカールヘフナーのエレクトリックベースを使用したことで世界的に注目され、生産量は飛躍的に伸びました。
その後、1990年代には中国産の安価なモデルにシェアを奪われ、結局はいくつかの会社に買収された後、現在は中国工場での生産をメインに活動を続けています。

「カールヘフナー」の高価買取メーカーや商品

カールヘフナーの高価買取商品ですが、基本的にはバイオリンやチェロなどのクラシック系の楽器と、ポールマッカートニーが使用したベースを中心にしたエレクトリック楽器に分けられます。
クラシック系としては1900年代の古い時代に作られたものがかなりの金額になっていますが、他のバイオリンメーカーほどではなく、どちらかというと手に入れやすい価格のものが多くなっています。

「カールヘフナー」の高価買取の商品について詳しく

カールヘフナーの高価買取商品に関して詳しく説明します。
古いもので言えば、やはり古い時代に作られたバイオリン等の楽器が高額で取引されています。
例えば、1940年代に作られたバイオリンは希少価値が高く、高価な買取価格が付けられています。
それ以外には1970年代以降のものはこれらよりも安価に取引されています。
エレクトリック系では、やはりポールマッカートニーが使用したバイオリンベースですが、何度も復刻されて最近のものは中国製なのであまり人気はなく、高額なのは1960年代から1970年代に作られた5000などのモデルはかなりの価格で取引されています。

楽器の買取価格例

カテゴリ 製品名 中古美品
参考買取価格
カールヘフナー Karl Hofner カールヘフナー バイオリン #450 4/4 2012年 電話:011-598-6949
カールヘフナー Karl Hofner/カールヘフナー #341/ガルネリ バイオリン+弓 電話:011-598-6949
カールヘフナー カールヘフナーKarl Hofner バイオリン ケース付き 電話:011-598-6949
カールヘフナー カールヘフナー ヴァイオリン W. E. Hill & Sons 電話:011-598-6949
カールヘフナー カールヘフナー4/4バイオリン・ジャーマン 電話:011-598-6949
カールヘフナー カール ヘフナーAnniversary 100バイオリンanno2002 電話:011-598-6949
カールヘフナー KARL HOFNERカールヘフナー バイオリン SRIII-332 電話:011-598-6949
カールヘフナー カールヘフナー バイオリン #115AS 電話:011-598-6949
電話買取

札幌楽器買取屋さんの楽器買取製品一覧

楽器の買取方法

店頭買取
出張買取

即日出張買取地域一覧

札幌市厚別区 札幌市北区 札幌市清田区 札幌市白石区 札幌市中央区 札幌市手稲区 札幌市豊平区 札幌市西区 札幌市東区 札幌市南区 江別市、北広島市、千歳市、旭川市

電話買取

「カールヘフナー」の買取の査定例

カールヘフナーは、19世紀から存在しているドイツの老舗楽器メーカーで、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、エレクトリックベースなどの製造販売をしています。
ここではカールヘフナーの楽器、ビンテージも含めて、高額買取が期待できるものをご紹介します。

「ヴァイオリンベース H500/1 60th Anniversary」

ヘフナーといえば、ビートルズのポールマッカートニーが使用している1960年代のエレクトリックベースですが、このモデルは60周年記念で当時のままの使用で限定モデルとして作られたものです。
大変陰気があり、かなりの価格で取引されています。

「エレクトリックギター HCT-VTH-SP」

最近のヘフナーでは1960年代にありそうな仕様でギターも作っています。
これはホローボディで、ハムバッカーを搭載した日本市場向けのも得るです。
かなりの人気で、中古市場でもかなりの高額で取引されています。

「チェロ #5」

板を曲げるのではなく、厚いメイプル材を切り出して作成されてボディは重く柔らかい音色で人気のモデルです。
高額で取引されています。

「ヴァイオリン アマティモデル 4/4」

1940年代にチェコスロバキアで作られたヴィンテージのヴァイオリンです。
枯れた味わいのある音と希少性から多くの人が求めており、常時高額で取引されています。

「ヴァイオリン 4/4 KH312」

厳選された木材を長期熟成させたものを使って、カールヘフナーの技術を結集して作られたモデルで、1994年に作られたものです。
高額買取されています。

「ヴァイオリン #225V」

現行のモデルで最も高額で販売されているものの一つです。
多くの演奏者に人気があり、高額で取引されています。

「ヴィオラ #3/15」

ハンドメイドで作られているヴィオラのモデルです。
多くの演奏者に愛されており、高額買取されています。

札幌でのヘフナーの買取についてQ&A

よくある質問
Q. ヘフナーの楽器は何を扱っていますか?
A. バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスだけではなく、エレクトリックベースやエレクトリックギターなども人気がありますので、ぜひ査定をお申し付けください。
Q. ヘフナーの分数バイオリンも買い取ってもらえますか?
A. はい。問題ありません。ヘフナーの分数バイオリンはお子様向けなどに人気がありますので、ぜひお持ちの上ご来店下さい。
Q. 古いゴシックロゴのヘフナーバイオリンベースがあるのですが高額買取可能ですか?
A. はい。ゴシックロゴのバイオリンベースは探していらっしゃる方が多いので、状態によっては高額の査定が期待できます。ぜひ、当店にお申し付けください。
Q. ヘフナーのロゴが刻印された4/4バイオリンの弓があるのですが、買取していますか?
A. はい。ヘフナーの弓は生産数が少ないので希少価値があり、高額で買取させていただいております。ぜひ、ご相談ください。
Q. ヘフナー製のチェロですが、どうもエントリモデルのようです。それでも、出張買取してもらえますか。
A. はい。チェロは重量がありので、持ち込まれるのは大変だと思います。1本でも出張買取開いておりますので、遠慮なきお申し込みください。
Q. カールヘフナーのアウトフィットが出てきたのですが、どうも欠品があるようです。欠品があっても買取できますか?
A. はい。セットで販売されていたものは完全な状態ですと査定が上乗せになる場合もありますが、欠品があっても問題ありませんので、お気軽にご相談ください。
Q. ヘフナーのエレキを譲り受けたのですが、これって売れるものですか?
A. はい。ヘフナーはバイオリン類やベースが有名ですが、ギターを探していらっしゃる方も多く、年代や状態によっては高額査定の可能性もありますのでまずはご相談ください。
Q. カールヘフナーのビオラの3/4ですが、ほとんど使っていません。買い取ってもらえますか?ピラストロの弦と純正ケース付きです。
A. はい。問題ございません。状態を見させていただいて査定金額をお出ししますので、その金額にご納得いただければ買い取らせていただきます。