滋賀のバンジョーの買取なら草津のTOP中古楽器買取センター

TOP中古楽器買取センター

滋賀の楽器高価買取専門店TOP

滋賀店店舗地図
店名
買取専門店TOP(出張買取)
住所
〒525-0054 滋賀県草津市東矢倉1丁目2-2 東矢倉ビル1階
電話番号
0120-480-150
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日(時短営業)・お盆・年末年始
フリーダイヤル

「バンジョー」について簡単に説明

アフリカ発の愉快な民族楽器のバンジョー。腕時計型の丸いドラムヘッドに、スティックを付けた形状になっています。17世紀前後に生まれた楽器で、近くにあった材料を使って、音が鳴る楽器を作ったのが始まりといわれています。

4弦から6弦の弦が張られたバンジョーはピアノとアコギの、中間の音が出ます。民族楽器特有のくせが少なく、ブルーグラスやカントリーミュージックで使用されることも。弦楽器のフィドルと相性が良く、一緒に演奏されることも多いです。人気のバンジョーをお持ちの方は、お気軽に当店の査定をご利用ください。

「バンジョー」の高価買取メーカーや商品

高価買取ブランドにゴールドトーン、ディーリング、オルテガ、ARIAがあります。具体的には「ゴールドトーン・GT500」「ゴールドトーン・CC100R」が注目品番。ゴールドトーンはウクレレやアコギなど弦楽器に強いブランドで、つまみに真鍮を用いるなど、高級素材を惜しみなく使うことで有名です。

また「ディーリング・GOODTIME」のバンジョーも、明るい旋律の弦楽器。人気の品番ですので、積極的に買取しています。ナチュラルな弾き心地の「オルテガ・OBJE350」など、オルテガ製のバンジョーもお待ちしています。

「バンジョー」の高価買取の商品ついて詳しく

おしゃれな外観のバンジョーは、中古市場でも値が上がっている弦楽器です。アールデコの模様が入ったビンテージバンジョーから、現代的なエレキギター風バンジョーまで、幅広く買取しております。

すでにご紹介した銘柄以外でも、例えば6弦バンジョーの「ARIA・SB-10G」など、アリア製のバンジョーも人気が上がっている銘柄です。とくにハードケースに入っているもの、テイルピースやブリッジが綺麗な楽器は、減額なしの明るいお値段をお付けいたします。軽い仕上がりの「バンジョーウクレレ」も人気急騰中ですので、喜んで査定させていただきます。

買取強化中のバンジョー

「ギブソン」のバンジョー

「ギブソン」のバンジョーについて

「ギブソン」とは、世界的に有名な、エレクトリックギターやアコースティックギターを製造している会社として有名ですが、実はギターと同じくらいの歴史を持つバンジョーの製造メーカーでもあります。ギブソンでは、1920年からバンジョーの製造を始め、多くの画期的なモデルを作ってきました。

「ギブソン」のバンジョーの高価買取事情

「ギブソン」のバンジョーの中では、初期のモデルである、1920年代の「プレクトラムバンジョー」、また、1970年代に再生産された完成度の高い「フローレンタイン5弦バンジョー」などが高額で取引されるようになっています。

「エピフォン」のバンジョー

「エピフォン」のバンジョーについて

「エピフォン」は、現在ギブソンの子会社として、廉価版のエレクトリックギターなどを製造していますが、もともとは競合会社で、古くからギブソンと同じように、バンジョーや、マンドリンなども作っており、現在も製造を続けています。

「エピフォン」のバンジョーの高価買取事情

「エピフォン」のバンジョーに関しては、やはり、ギブソンと同じように1920年代のビンテージ「エピフォン コンサートレコーディングモデル」などのモデルになるでしょう。

「トーカイ」のバンジョー

「トーカイ」のバンジョーについて

「トーカイ」は、日本の弦楽器メーカーであり、アコースティックギターやエレクトリックギターの販売で有名ですが、バンジョーも1973年から製造を始め、一時は、国内で人気となっていました。しかし、結局は生産を終了しています。

「トーカイ」のバンジョーの高価買取事情

「トーカイ」のバンジョーの中でも、ある程度の金額で取引されているのは、1980年代初頭に作られた5弦バンジョー「T650R」などのモデルになるでしょう。

「モーリス」のバンジョー

「モーリス」のバンジョーについて

「モーリス」は、日本のアコースティックギターのブランドとして知られていますが、バンジョーの生産も行っていました、特に1970年代には、エレクトリックギターと同様にギブソンなどのアメリカのブランドのスタイルを持ったモデルを作っていました。

「モーリス」のバンジョーの高価買取事情

「モーリス」のバンジョーに関しては、あまり市場に出てくることはありませんが、その中でも1970年代に作られたギブソンのフローレンタインタイプの「G-700」などは高額になっているようです。

「フェンダー」のバンジョー

「フェンダー」のバンジョーについて

「フェンダー」とは、言うまでもなく、世界中のギタリストが使っているストラトキャスターで有名なギターメーカーですが、バンジョーも製造しており、現在でも継続して販売しています。

「フェンダー」のバンジョーの高価買取事情

「フェンダー」のバンジョーの中では、1970年代に作られたビンテージの「フェンダーアーティスト5弦バンジョー」のようなものが、かなりの金額で取引されています。

「ベガ」のバンジョー

「ベガ」のバンジョーについて

「ベガ」とは、もともとは19世紀に創業した、アメリカの楽器メーカーで、管楽器やバンジョーメーカーを製造しています。バンジョーに関しては、第二次大戦直後のブルーグラスブームの中で、ギブソンなどのトップメーカーに次ぐ存在として認識されていました。

「ベガ」のバンジョーの高価買取事情

「ベガ」のバンジョーの中では、20世紀初頭に作られた「ホワイトレディー」や「チューバフォーン」などを筆頭に、1960年代の「ピート・シーガーモデル」なども高額で取引されています。

「ゴールドトーン」のバンジョー

「ゴールドトーン」のバンジョーについて

「ゴールドトーン」とは、1978年にスタートしたアメリカの楽器メーカーで、主にフォークソングに使用されるような楽器を製造しています。バンジョーに関しても、もともとプレイヤーであったオーナー達が、自分たちが求めていた今までにないようなモデルを作り続けています。

「ゴールドトーン」のバンジョーの高価買取事情

「ゴールドトーン」のバンジョーの中でも、高額で買取って買い取りされているのは、戦後のマスタートーンBowtieモデルを復刻した「OB-2AT」、マスタートーンスタイルに、ラディアス指板を組み合わせた「OB-3RF Orange Blossom」などがあります。

選べる査定・買取方法

お客様のご都合に合わせてそれぞれ査定・買取それぞれ2つの方法からお選びください

  • 店頭買取
  • 出張買取
草津のTOP中古楽器買取センター

バンジョーの買取価格例

楽器 メーカー/モデル/型番 中古美品
参考買取価格
バンジョー Gibson 1970s Florentine 5st-Banjo 価格を調べる
バンジョー Gibson TB-4 Conversion ’27 価格を調べる
バンジョー OME Ikon Bluegrass Mahogany #7443 価格を調べる
バンジョー Rich and Taylor Banjo DAYS PAST NEWSPAPER ROCK 価格を調べる
バンジョー VEGA MARTIN V-45 MK 価格を調べる
バンジョー Gibson RB-3 1988 価格を調べる
バンジョー Nechville Phantom Custom ’20 価格を調べる
バンジョー SULLIVAN RADCLIFF 価格を調べる
バンジョー S.S.Stewart Guitar Banjo 価格を調べる
バンジョー Mike Ramsey PESENTATION 価格を調べる

バンジョーの買取でよくあるご質問

よくある質問はこちら
Q. 昔使っていたバンジョーを売りに出したいと思っています。バンジョーに関しては、どのようなものでも買取対象になっていますでしょうか?
A. はい。バンジョーは、御存知の通り、アメリカで生まれた弦楽器で、主にカントリー音楽などで使用されていますが、日本のフォークブームの頃には、いくつかのグループでメイン楽器の一つとして使用されていたこともありました。共鳴器の有無や弦の本数などでいくつかのバリエーションが有ります。ギブソンを筆頭に、ディーリングなどのメーカーもの、以前は日本でもモーリスなども作っていましたが、基本的にはどのようなものでも買い取りしております。
Q. OMEバンジョーのIkonという最近のモデルがあります。購入後全く使用していません。買取してもらえますでしょうか?
A. はい。問題ありません。OMEバンジョーはバンジョー界においては有名なメーカーで評価も高く、高額で取引されています。新品とのことですが、状態などをみさせていただき、買取額を決定させていただきます。
Q. バンジョーに関しては、どのようなものが高額買取の対象になっているのでしょうか?
A. バンジョーは、楽器としては限られたジャンルで使用されているものなので、逆に希少価値が高く、高額になるものが多いと言えます、その中でもやはり、大手メーカーのギブソンのビンテージモデルは、骨董品としての価値もあるので、かなりの高額になっています。
Q. Gibson Florentine5弦バンジョーがあります。おそらく1970年代に製造されたものだとおもわれます。大きな傷や不具合もなくきれいな状態です。どのくらいの金額になりますでしょうか?
A. Gibsonのビンテージバンジョーはどれも高額で取引されていますが、こちらの商品はほぼ見かけることがない希少価値が高いものでかなりの金額で買取可能だとおもわれます。まずは、当店までご相談ください。輸送に心配があれば、出張買取をご利用になると、ご自宅で査定ができますので、便利です。
草津のTOP中古楽器買取センター

滋賀県の出張買取対応地域

定番のエレキギターやベース、ドラムセットはもちろんのこと!
フルートやクラリネットの小さな楽器、コントラバスやハープなどの大きな楽器まで!
お電話一本ですぐに出張買取に駆けつけます!!

出張買取対応地域: 滋賀県全域
栗東市/甲賀市/野洲市/近江八幡市/草津市/守山市/長浜市
高島市/東近江市/米原市/湖南市/大津市/彦根市
犬上郡/蒲生郡/愛知郡

滋賀県全域はもちろんのこと、関西圏エリア(滋賀、大阪、奈良、兵庫など)での買い取りはTOP中古楽器買取センターにお任せください!迅速に無料出張に伺います!
楽器本体以外にも周辺機材、備品、消耗品、ハードケースなどもお買取できますので、是非一緒に査定の際にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-480-150