オープンリールテープの買取ならTOP

オープンリールテープ

オープンリールテープの買取はTOP無線

オープンリールテープの買取ならTOP無線にお任せください。
使ってないオープンリールテープはないですか?
遺品や買い替えで出てきたオープンリールテープを高価買取します。
特殊電化製品は買取できる場所が少ないですが専門のTOP無線なら簡単に売却できます。

フリーダイヤル:0120-480-150

「オープンリールテープ」について簡単に説明

オープンリールテープとは、レトロオーディオマニアの方々はご存知だと思いますが、音楽などの録音、再生用に使用されていた磁気テープ、およびその録音再生機器のことを言います。多くは縦型で両側に大きなリールがセットされており、その名前の通り、むき出しの磁気テープが巻かれているものです。

カセットテープなどよりも幅が大きいため記録される情報も多く、音が良いというのが特徴です。アナログが基本ですが、デジタルデータの記録も可能です。1990年代以降にはあまり使用されることはなくなりましたが、現在でもテープメディアの販売はおこなわれています。

不要なオープンリールテープの買取はお任せください

不要な無線機の買取強化中

全国トップクラスの買取相場で対応します。 型式や写真から事前に査定もできます。 買取価格だけでも一度聞いてみませんか?

「オープンリールテープ」の高価買取メーカーや商品

オープンリールテープですが、前述のように様々なタイプの製品を販売しており、買取価格に関しても多様になっています。そんな中で、高価買取になっているのは、ひとつは1970年代までに販売されていた、いわゆるビンテージ期のものです。この時期のモデルは、製造にコストが掛かっており、部品の品質も良く、すでに入手不可能なものが多く、どれも高額で取引されています。

もうひとつは、それ以降に作られたもので、特に高性能で、豊富な機能を持っているものでしょう。

「オープンリールテープ」の高価買取の商品について詳しく

それでは、オープンリールテープに関して、高価買取されているものの中からいくつか紹介します。まず、紹介したいのは、前述のいわゆるビンテージ期、昭和レトロとも言える時期のもので「SONY TC-5550-2 オープンリールデッキ」です。こちらは、1975年に発売されたもので、横型で使用するモデルです。この時期のモデルは、現在使用可能な個体の数も減ってきているので、どれも高額で買い取りされています。

そしてもうひとつは「AKAI GX-77 オープンリールデッキ」です。1981年に販売されたもので、リール部分にカバーがついている画期的なもので、デザイン的にもレトロフューチャー感に溢れているということで人気が高いものです。

オープンリールテープの事前査定も簡単、買取相場をチェック

ウェブや電話から申し込みやLINEでの事前査定も簡単にできます。
オープンリールテープの買取価格や売却をしたいならコチラ!

WEBで買取
LINEで買取

オープンリールテープの買取価格例

カテゴリ 製品名 中古美品
参考買取価格
オープンリールテープ STUDER A820 0120-480-150
オープンリールテープ STUDER A80 1/2 0120-480-150
オープンリールテープ AKAI GX-630DPRO 0120-480-150
オープンリールテープ TEAX X-10 0120-480-150
オープンリールテープ RTM LPR35 0120-480-150
オープンリールテープ SONY ULHオープンリールテープ 1100BL 0120-480-150
オープンリールテープ TEAC A-3300SX 0120-480-150
よくある質問

オープンリールテープの買取でよくあるご質問

Q. オープンリールテープデッキを売りに出したいと思っています。オープンリールテープ関連では、どのようなものを取り扱っていますか?
A. オープンリールテープは、1970年代頃まで一般のオーディオマニアの間でも主流だった音楽を録音、再生するために使用する機械のことです。大型のデッキでむき出しの磁気テープを使用するものです。もちろん基本はアナログでの録音ですが、カセットテープなどよりも情報量が多いので、音質はかなり良いのが特徴です。大型の縦型ものが多いですが、横型も、コンパクトなサイズのものもあり、当店では、基本的にはどのゆなものでも買い取りしております。ぜひ、当店までご用命ください。
Q. AKAIのオープンリールデッキ GX-635Dがあります。古いものですが、稼働は確認にしてあります。どのくらいの金額になりますでしょうか?
A. こちらのAKAIのオープンリールデッキは、おそらく1980年頃に販売されていたもので、当時から人気があるモデルでした。状態にもよりますが、ほとんどの場合は高額で買い取りしておりますので、ぜひ当店までおもちいただくか、便利な出張買取をご利用ください。
Q. オープンリールテープ装置において高価買取されているのはどのようなモデルでしょうか?
A. オープンリールデッキは、1970年代をピークにその前後から長い期間に渡って販売されていたので、多くのメーカーが沢山のモデルを販売していました。その中でも現在高額で取引されているのは、やはり1970年代までに作られたいわゆるビンテージ扱いの物、そして、それ以降に発売された画期的なモデル、高機能なモデルなどということになるでしょう。
Q. TEACの1980年代に購入したオープンリールテープの未使用品が残っていました。このようなものも買い取ってもらえますか?
A. はい。もちろんです。すでにオーディオ用のオープンリールテープは日本国内メーカーで製造しているところは無いため、古いものであっても、かなりの金額で取引されているのが現状です。ぜひ、一度当店までお持ちください。
Q. ナショナルブランドのテープレコーダーRQ-706というものが出てきました。テープもあったので試しに録音したら録音は可能でした。これも買い取ってもらえますか?
A. はい。こちらはおそらく1970年代の初期に製造されたものだと思われます。この時代のテープレコーダーはどれもそれなりの金額で買い取りされています。ぜひ当店までお持ちください。

全国送料無料!オープンリールテープの宅配買取

【北海道】北海道
【東北】青森 山形 岩手 秋田 福島 宮城
【北陸】富山 石川 福井
【甲信越】新潟 長野 山梨
【関東】東京 神奈川 茨城 栃木 埼玉 群馬 千葉
【東海】愛知 静岡 岐阜 三重
【関西】大阪 京都 兵庫 和歌山 滋賀 奈良
【中国】広島 山口 鳥取 島根 岡山
【四国】愛媛 徳島 香川 高知
【九州】福岡 鹿児島 熊本 佐賀 長崎 大分 宮崎
【沖縄】沖縄

宅配買取全国対応 宅配買取全国対応

オープンリールテープ宅配買取は全国送料無料で対応できます。 段ボールの取り寄せもできるので詰めて送るだけ。 商品知識のあるTOP無線は地元でオープンリールテープを売るより高く買取できる事が多いです。

フリーダイヤル:0120-480-150