大阪の琴の買取ならTOP

大阪で琴を高く売りたい方はTOPへ!

大阪にて琴の買取はお任せ下さい。楽器の専門店ならではの高価買取! 楽器の専門の査定士が高価買取します。特に綺麗な琴は専門のTOPにお任せ下さい。 琴を処分に困った時や、高く売りたい時にはおすすめです。 持ち込みしづらい楽器には出張買取が便利です。 まずはお電話下さい

フリーダイヤル0120-480-150

琴の買取ならTOP

「琴(こと・きん)」は日本の伝統的な撥弦楽器(はつげんがっき)の総称で、英語では「ハープ」と呼ばれます。「琴」と良く似たピック(爪)や指先で弦を弾いて音を出す日本の伝統楽器には、「箏(そう)」もあります。「琴」は弦を押さえる場所で音程を調整し、「箏」は柱(じ)と呼ぶ可動式の支柱で弦の音程を調節する違いがあります。 情趣のある温かい音色を奏でる琴には、「七絃琴(古琴)・一絃琴・二絃琴・大正琴」などの種類があります。琴にも様々なグレードがありますが、紅木や象牙をあしらった高級な「玉縁くり甲」、紅木を用いてプラスチック・舎利で縁どりの飾りをした「上角作り」、四分六板・竜角・雲角の材料に紫檀を使った「半上角作り」などの貴重な琴があれば、ぜひお売り下さい。



大阪在住の方の楽器の買取方法

フリーダイヤル0120-480-150

お客様の声

商品名:琴

大阪在住 男性 S様

祖母が使っていた琴を売却しました。 私自身は価値がわからなかったので、電話で問い合わせたところ、彫りなど画像で送るポイントをしっかりと教えていただいて、しっかりと査定してくださりました。丁寧な対応で安心して利用することができました。

「琴」の高価買取メーカーや商品

琴の高価買取メーカーや商品に関してご紹介します。

琴に関しては、伝統的な工芸品としても位置づけられているため、大規模な大量生産は行われず、小規模な工房などにおいてハンドメイドで作られることが多い楽器です。元々は、中国から渡ってきた楽器ですが、主に九州から発展し、室町時代末期頃に筑紫流という流派が出来ました。

それが八橋流を経て現在主流となっている、関東を中心とした山田流琴と、関西を中心とした生田流琴に別れ、それぞれに多くの工房が存在しています。元々はそれぞれに独特な琴を使っていましたが、いまでは山田流のものがベースになっています。

「琴」の高価買取の商品について詳しく

琴の高価買取の商品をいくつかご紹介します。

前述のように、大規模な生産は行われていないので、キーポイントになるのは、材質と、仕上げ、装飾などになります。高級なことの代表的なものといえば、玉縁巻くり甲などと呼ばれていますは、これは、組み立て方法と仕上げのやり方のことです。

また、木材としては、桐がメインで、その中でも特に会津地方の桐の木目がきれいに出たものが高級とされています。細部の装飾に使われるのは花梨、紫檀、紅木などですが、紅木のものが最高級と言われています。

このような材質と仕上げの琴が製造したのがどこで合っても基本的には高額になります。

「琴」についての豆知識

琴に関しての豆知識をご紹介します。

現在、お正月などにおごそかに「春の海」を奏でている楽器を思い浮かべる人が多く、この記事でもおもにその大型で琴柱を立ててその上に弦が張られた弦楽器のことを「琴」と呼んできましたが、本来はこれは「箏」というのが本当の名前です。

「箏」の字が常用漢字になかったため、似たような楽器である「琴」の字がかわりに使用されるようになったということです。本当の「琴」は、柱(じ)が無く、押さえる位置によって音程を決めるようになっているという部分が大きな違いです。本来の「琴」は今ではほとんど見ることはなくなっています。

琴の買取価格例

カテゴリ 製品名 中古美品
参考買取価格
SUZUKI スズキ 三尺箏セット 竜扇 WK-3
にちわ 普通 箏 サイズ 生田流(182cm)KP 01-1
ゼンオン 文化箏 羽衣 ソフトケースセット ZK-01
ゼンオン 文化箏上級 ソフトケース付
ゼンオン 学校教育用筝 ZKP-70
ゼンオン 文化箏羽衣 立柱ケース付 ZK-03
ゼンオン 文化箏羽衣 ハードケース付 ZK-02
スズキ学校用オリジナル自在短箏 ちどり WK-2
ゼンオン 文化箏羽衣ハードケースセット
ゼンオン 特製箏セット 生田流 ZKO-K01
ゼンオン 文化箏上級立柱ケースセット
ゼンオン 文化箏上級ソフトケースセット
ゼンオン 特製箏セット(生田流)ZKO-K01
ゼンオン 箏壱号Bセット(山田流)
ゼンオン 箏壱号Bセット(生田流)
ゼンオン 箏 壱号Bセット 山田流 ZKO-K10Y

買取に必要な書類

免許証・健康保険証・住民票(三か月以内に発行)等 ※未成年(18歳未満)のお客様からの商品の買取りは要保護者同伴です。

大阪の出張買取対応地域

大阪市内はもちろん・堺市や岸和田市・豊中市や吹田市・高槻市や枚方市、東大阪市や寝屋川市・池田市や守口市・門真市や大東市など大阪府内であればどこでも買取可能。また大阪府だけではなく関西周辺ならどこにでも出張買取可能です。

琴の買取でよくある質問

よくある質問はこちら
Q. 親戚から受け継いだ琴がいくつかあるので、売りたいと考えています。琴に関してはどんなものでも取り扱っていますか?
A. はい。琴は、和楽器の一つで、雅楽やお正月のお祝いなどの日本的な音楽には欠かせない楽器なので、昔から多くの演奏者がいます。現在一般的に琴と言われている楽器は本来箏で、様々なタイプのものがありますが、基本的にはどのようなものでも買取しております。お売りいただける商品がありましたら、ぜひ当店までお持ちください。
Q. おそらく練習用とおもわれる口角琴紫檀巻があります。どのくらいで買い取ってもらえますか?
A. はい。練習用のものでも、琴はしっかりと作られているものが多く、高額で取引されています。状態によって買取額は変わるので、まずは当店までお持ちください。
Q. 玉縁巻のくり甲琴の新品、未使用品があるのですが、買い取っていただけますか?
A. はい。こちらのくり甲は、甲と裏板のつなぎ目ないこうきゅうなタイプの琴なので、高額で買い取りされています。まずは当店までお持ちください。
Q. 天然素材の琴柱14個と猫足のセットがあります。何度か使ったもののようです。これも買い取ってもらえますか?
A. はい。和楽器に関連する商品でしたら、基本的には何でも買い取りしております。ぜひ、当店までお申し付けください。
Q. 自宅の倉庫の中から琴が3つでてきたですが、全部まとめて買取っていただけますか?
A. はい。琴は、昔から多くの弾き手がいる、伝統的な楽器で、演奏会で使用できるようなレベルのものは高額で取引されているモデルがたくさんあります。当店では出張買取も実施しておりますので、ぜひご依頼ください。こちらからお伺いして査定の上その場でお支払いいたします。
Q. くり甲柾目琴紅木玉渕巻があります。どのくらいで買い取ってもらえますか。
A. くり甲柾目琴は、高級なものの代名詞で、基本的にはかなりの高額でかいとりされています。まずは、当店までご用命ください。
フリーダイヤル:0120-480-150